電話対応

歯科医院で最初に患者さんが接触するのは、スタッフの電話対応でしょう。この電話対応が悪いと、患者さんが歯科医院に対して、悪いイメージを持つことになります。電話が留守電が多かったり、つっけんどんな対応だったりすると、来院したくなくなるという気持ちがわいてきます。一旦予約をしたものの、実は嫌なイメージを持っていたために、やっぱり他の歯科医院に行く。というケースもあるでしょう。

歯科医院での電話対応は、医院長ではなくスタッフが主にすることになりますので、スタッフの教育はとても大事な要素になります。そもそもの人柄という点もありますので、採用の際は人当たりの良い、誠意を持って仕事をする人を選ぶことが望ましいでしょう。

患者さんが対応の悪さを我慢していると、来院は減りますし、対応が悪いという口コミも起こり兼ねません。

歯科医院の数がとても増えている現状では、すぐに経営が傾いてしまいます。そのため、直接患者さんに触れるスタッフ教育は疎かにしない方が無難でしょう。電話対応は、昼休みなどもありますので、昼休みの電話対応に対してスタッフが積極的でない場合には、スタッフの意見を聞くなどして、良い対応ができるように改善することが必要です。



コメントは受け付けていません