矯正歯科治療で歯を抜く必要性

歯が綺麗に並ぶには、スペースが必要です。

・歯を抜くのは、矯正歯科治療の重要な手段・・・・「歯を抜かずに治したい」という希望は誰でも持っています。最初に、矯正歯科治療とは、「歯を少しずつ動かしたい方向にいどうさせ、よい咬み合わせときれいな歯並びをつくる治療」という説明をしました。歯が動いて綺麗に並ぶには、それ相応のすき間が必要になります。これが矯正歯科治療に

抜歯が必要な理由です。

・歯を抜いて治療する一般的なケース・・・矯正歯科治療で歯を抜くのは、三つの理由が考えられます。

① 歯の大きさに対してあごの骨が小さく、歯がデコボコになっている場合{叢生)。 この場合は、歯列やあごを拡げるか、歯の数を減らして{抜歯}あごの大きさに合わせるか、どちらかの治療法を取ります。成長期には、歯列やあごの骨の発育を刺激しながらあごを拡げる治療法もありますが、成長が止まって、あごがこれ以上大きくならない場合は、歯を抜くことが多くなります。

② 上下の前歯が前方に傾斜したり、上下のくちびるが前方に出ていて、口が開いている場合(上下顎前突) 上下の前歯があごの骨に植立し、口元が引っ込んでスムーズに閉じるようにするには、歯を抜くことが必要になります。

③ 出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)で咬み合わせが悪い場合や、上下の顎が前後にずれている場合など

このような場合、口元の形を整え、咬み合わせを良くするために歯を抜くことがあります。

・歯を抜くのは通常四本

抜歯は特殊な場合を除き、咬み合わせが崩れたり、正中線がずれたりしない様に、咀嚼に一番影響が少ない歯(小臼歯が多い)を上下左右各一本ずつ、計四本抜くのが基本です。必要な抜歯は行った方がよい結果を得られ口元の印象も大きく変える事が出来ると、信じています。歯を抜かずにスタートした患者さんと、一年ほどたった時点で何回も話し合い、同意を得て下左右四本の歯を抜きました。さらに二年間矯正装置を付け、最後に装置を外した日、その患者さんの言葉は「こんなに口元が綺麗になるなんて思いも思いませんでした。」患者さんも医師も、矯正歯科治療をして本当に良かったと思う瞬間です。