出っ歯の人の矯正

歯科医院で矯正をすれば、歯や歯ぐきが出ているのも治るのでしょうか。結論から言うと、成長期の子供や、歯の傾きだけが問題であれば治せることが多いそうです。

歯並びや、かみ合わせが悪いことを歯科治療の分野では「不正咬合」といいます。不正咬合にはいくつかのパターンがありますが、日本人に多いのがいわゆる「出っ歯」だそうです。出っ歯の人の場合、横から見ると歯の出っ張りが目立ってしまいますし、無意識に口が開いてしまうことも多く口呼吸になってしまうことがあります。口呼吸には、口の中が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。口の中が乾燥すると唾液の減少につながり、それによって病原菌に対する抵抗力が弱まったり、口臭が強くなったりするといいます。

出っ歯は専門用語で「上顎前突」といい、上の前歯や上あごそのものが前方に出て、下あごが後退している状態を指します。つまり、歯だけが前に出ている場合と、あごの骨に問題がある場合があるということです。

歯だけが前に出ている状態であれば、矯正装置を駆使して治療を試みるのが一般的です。その際、抜歯が必要になる場合もあるそうです。一方、あごの骨の大きさが問題となるケースでは、成長期の子供の場合は矯正装置などで上あごの骨の発育をコントロールしたり、下あごの骨の成長を促したりして、治療していくことが可能だと思います。そして、すべての歯が永久歯に生えかるタイミングで、前歯を移動させるなど矯正をして最終的に歯並びを整えます。