歯科矯正は何歳から行えるか。

子どもの矯正をいつ始めればよいのかは、症状によって異なりますし、非常に難しい問題だといわれています。信頼のおける矯正専門の医師に相談するのがべストです。、小学校低学年で機能的な問題があって、放っておけば歯やあごの発育に悪影響を及ぼす可能性が高いケースは、永久歯の前歯がはえる六~八歳ころが治療開始に最適といわれています。機能的な問題とは、主に受け口、上下の歯が交叉している、前歯が極端に回転しているなどのケースです。けれども一方で、この時期は、成長、発育の幅が大きいため、将来の予測が非常に難しい時期でもあります。ですから、経験豊富な矯正専門の医師でも、早期の矯正治療を

適確に行うことは、じつは大変難しいことなのです。早く始めれば早く終わる、あるいはよく治るという考え方は、全く根拠がなく、むしろ不必要な早期治療が数多く行われているのが、現状です。仮に、ただ単に、歯がデコボコしているようなケースであれば、すべての永久歯がはえ揃った12歳ころ以降に始めるのがベストです。